今日の宅配クリーニングスレはここですか

姉が今住んでいるアパートから育った家の我が家にまた住むことになりました。
移動するため、私と母が、引越の前日に荷物や衣類を整理する手伝いに行きました。10年住んでいた部屋に見合うだけ、不用な物のがびっくりするような事になっていました。不用品を売却していまうと、軽トラの荷台50%ほどになり、たいして苦労せず引越をする事ができました。
私たち家族は最近、三回目の引越しと宅配クリーニングを実行しました。
引越しと宅配クリーニングの作業は毎回面倒ですが、もう慣れっこです。荷造りから荷ほどきまで、ほとんど私の仕事です。
旦那は毎回家電、家具といった大きいものを掃除したり、片付けを担当してくれます。
けれども、今回は洗濯機の水抜きをやっていなかったので、新居の洗面所が、びしょびしょになってしまいました。
近頃では、だいぶん廃れてしまったようですが、大変だった引っ越し作業を終えたら、みんなでソバを食べる、というような習慣が、一昔前からありました。
由来ですが、どうやらソバの形に掛けまして、ぜひ、細く長いお付き合いをしたいものですと縁起をかついだのと、この度お「ソバ」に引っ越しと宅配クリーニングてきたので、以後お見知りおきをなんてシャレも効かせてご近所のみなさんに振る舞ったのが、始まりだと言われているようです。引越の際の大掃除は骨の折れる仕事です。
家財道具を丸ごと運び出してから、もちろん、綺麗にそうじをしますが、ちょっとずつでも、あらかじめ始めていくのが最終的に楽になります。
要領よくするには、荷物をまとめるより先に、まず、掃除から手を付けることだと思います。すると、最後の仕上げにさっと軽く掃除するだけですみます。
引っ越しが良いか悪いかは、流れをわきまえているかどうかになります。
流れは、またの名を段取りとも言うのです。この段取りが下手だと、滅茶苦茶時間をロスしてしまうケースもあります。
とは言え、こういう時は、理屈で理解するよりも経験がものを言うのかもしれません。
都会のマンションやアパートでは、最近は隣人はどんな人なのか、ほとんどはっきりしなくても何とかなるというのがおかしいと思わなくなっています。
そんなご時世であっても、会えば挨拶して、災害など、大変なことがあれば助け合えるような関係はあってもいいのではないでしょうか。ご近所とのいい関係を築いていくためには、まずは引っ越しから間を開けずに、手土産を持って、お隣に顔見せの挨拶をしましょう。様々なものが身の周りにあふれている生活をしている方がいるとすれば、引っ越そうとしたとき、大きな問題となるのは荷造りを完了することでしょう。ものが多すぎて整理しきれず、引っ越しと宅配クリーニングまでに荷造りを終えられないとすればもう引っ越しと宅配クリーニングしなくても良いと思うこともあるでしょうが、いいきっかけになったと割り切って断捨離に徹すればぐっと整理が進むはずです。
「引越しと宅配クリーニングソバ」という慣習とは転居の際に近くの家の人にご挨拶としてお渡しするものです。
私も一回もらったことが確かにあります。
細長いソバのように、末永いご縁を今後ともどうぞよろしくお願いします。
というようなメッセージが込められたものだそうです。移転するのですが、その費用がどれくらいになるかとても怖いのです。友人が前に、一人の引っ越しと宅配クリーニングをした時には驚く程の費用がかかっていました。その話が耳に入っていたので、私は一体いくらくらい必要になるのか心配になっています。
まずは何社かの引越しと宅配クリーニング業者やクリーニング店に見積もりをとって頂こうと思います。ライフラインの一つといっても良いくらい、引っ越しで重要なのが引っ越しと宅配クリーニング後にインターネット回線を使えるよう、プロバイダーへの移転手続きを済ませることです。
当たり前のようにインターネットを使っていると、うっかり忘れてしまうもので、これで引っ越しと宅配クリーニング完了と思ったところで、そういえば、ネットが使えないと思い当たった、そんな方はどこにでもいます。引っ越しと宅配クリーニングが多い時期だと移転手続きや工事にも時間がかかりますので、いくら早くても問題はないので、プロバイダーへの連絡だけでも抜けのないよう、早めに終わらせましょう。