バイリンガルに失敗した例として二カ国語を混ぜて話す癖がついてしまう子供もいる

子供にとって重要な事は、母語を完璧に扱うことができるようになる事です。扱うとは、話す能力だけでなく読み書きの能力や思考力も含まれます。母語は子供にとって初めて覚える言語ですから、自分の意思を正確に伝えられるレベルで扱えるようになるには時間がかかります。その言語習得の過程は単なる言語能力だけでなく、人間性の成長にも影響します。そのような多感な時期に「これからのグローバル化にむけて?」と英語を割り込ませるのは親のエゴでしかありません。また、バイリンガルに失敗した例として二カ国語を混ぜて話す癖がついてしまう子供もいるようです。母語で深く物事を考え、言葉や文章によって明確に意思を伝える能力は、人間社会で生活する上で何にも変えがたいものです。早期英語学習といって無理に焦らずとも、しっかりと日本語が話せるようになってからでも遅くはないと考えます。
メリットとして早くから英語を習得する事で、学校で他の子供に比べて英語の成績でアドバンテージを得られるほか、留学やホームステイにも参加しやすくなると思います。また他言語に触れる経験から、更に第2、第3外国語を学ぶ際にも抵抗がなくなるだろうと考えられます。

デメリットとしてはあまりに早期から英語学習を始めた場合に、日本語の能力に影響が出かねないという事です。母語である日本語をうまく扱えない事になってしまえば、英語が話せるアドバンテージ以上のディスアドバンテージを抱える事になりかねません。また、子供自身が英語学習を望んでいない場合、親のエゴが子供の貴重な成長の時間を奪う事になります。子供にとって英語以上に必要なものを見出してあげることも親として必要なことだと思います。
セブンプラスバイリンガル 0歳