もっとも飛び降りが多い観光スポット

世界には、飛び降りの多い観光スポットがあります。その中でももっとも飛び降りが多いのは、アメリカのサンフランシスコにあるゴールデンゲートブリッジです。金門橋と呼ばれるものでして、見た目も非常に美しいです。ですが、飛び降りする人が多いのが問題になっています。
水面から道路までの高さは約67mもあります。およそ20階建てのビルと同じぐらいの高さです。この高さから飛び降りたときの最終的な速度は130km/hにもなります。そのため、飛び降りたらほぼ死は免れません。死亡率は98%にもなります。
死にいたるまで適切な環境が整っているため、これまで約1600人以上もの人がこの橋から飛び降りているのです。これは飛び降りる瞬間を目撃されて、そして死体が発見されたケースのみ数えられています。そのため、実際はもっと多くの方がお亡くなりになっていると考えられます。
あまりに飛び降りる人が多いため、防護柵の設置も検討されました。ですが、50億円もかかりますし、そのうえ景観を損てしまうデメリットがあります。それに設置後の橋にかかる暴風の影響が懸念されます。その代わりに、飛び降りた人を受け止めるためのネットが、2018年から設置のために着工が開始されたようです。